東京で美容師になるためにに美容専門学校について調べました。
美容師になるには美容師の資格が必要です。

その資格を取るためには、厚生労働省が指定している美容学校に行く必要があります。

そして、美容学校には大きく分けて以下の2種類があります。

一つ目は、「学校法人」。

これは、文部科学省の認可を受けた学校を運営する法人を指します。

「公共性が高い」「経営の安定性が高い」という特徴の他、国からの認可を受けているということで、「信頼性が高い」ともいえます。

多くの美容学校は専門学校として運営されていますが、その大半が学校法人です。

二つ目は、「サロンが運営する学校」。

これは、学校法人ではない美容学校のことです。

美容業界の同業組合などが運営しており、数はあまり多くありません。

業界のことをよく知っている団体などが運営しているため、「就職先が見付けやすい」「現場の情報を手に入れやすい」などの利点があります。

運営している団体などとつながりの深い美容店に就職することが多いので、働きたい所が決まっている人には特におすすめといえます。